• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アーモンドを食べるだけの簡単ダイエット、糖質や脂質の吸収を防ぐ!

Date:2018.09.21

この記事のタイトルとURLをコピーする
アーモンドを食べるだけの簡単ダイエット、糖質や脂質の吸収を防ぐ!|Ichifukuen
http://ichifukuen.info/almonddebihada36287/

shutterstock_370327430アーモンドというと、脂分が多く食べすぎると吹き出物が出るというイメージはありませんか?アーモンドに限らずナッツ類は脂分があり、多量に食べたら太ると思われているもの。

しかし、アーモンドのカロリーは太りにくく、逆に体に溜まらない脂質の不飽和脂肪酸が血液をサラサラにする効果があるのです。また、お肌のくすみやたるみを防ぐ美容効果や生活習慣病を防ぐ健康効果などをもたらしてくれる天然のサプリメントとも言えるスーパーフードなのです。

そして、驚くことにこのアーモンドにはダイエットの効果もあるのです。栄養豊富なアーモンドの成分にはダイエットに効果的な栄養素ももちろん入っています。

では、どのようなダイエット法なのか、気になるアーモンドダイエットをご紹介しましょう。


腸内環境を整えるアーモンドの持つ痩せるメカニズム

アーモンドは、食物繊維、ビタミンB2、ビタミンE、カルシウム、鉄、リン、カリウム、マグネシウム、亜鉛など豊富な栄養が含まれています。

また、脂質の7割を不飽和脂肪酸であるオレイン酸が占めており、美容と健康のサポートする効果が期待できるのです。

腸内環境が整う

ゴボウの2倍あるアーモンドの食物繊維が、腸で発生する毒素や腐敗産物を吸着し一緒に体外へ排泄してくれることで、腸内環境が整うのです。

また、アーモンドの食物繊維は善玉菌を増加させる働きがあり、悪玉菌を抑制し、腸の働きを快調に保ち便秘を予防してくれます。そして、アーモンドの持つ脂分が腸内の便をスムーズに押し出す潤滑油にもなるのです。

このように、アーモンドには肥満の原因になる便秘を解消する栄養素が含まれているのです。

糖質・脂質の吸収を妨害する

糖質制限ダイエットという糖質を摂らないダイエットが流行っていますが、糖質を摂らずに蓄えている脂肪からエネルギーを使って脂肪を減らすというダイエット法であることはご存知ですよね。アーモンドはこの糖質を体が吸収するのを妨害する働きがあるのです。

糖質は分解されてブドウ糖になり体に吸収されるのですが、この糖質を分解する酵素の働きをアーモンドに含まれるオレイン酸が妨害するのです。

同じく脂質を分解する酵素の働きをも妨害し、そのまま便として体外に排泄する効果があるのです。

血糖値の上昇を抑制する

血糖値が急上昇すると、血糖を下げる働きのインシュリンの分泌が増加して脂肪細胞に糖が運ばれ脂肪が蓄積されてしまいます。不飽和脂肪酸のオレイン酸が血糖値の急上昇を抑制する働きをし、脂肪を溜め込むのを防いでくれます。

脂肪燃焼効果

アーモンドに含まれている美容効果が最も高いビタミンEは、抗酸化作用があり老化を防止してアンチエイジングの効果があります。また、血管が硬くなるのを防いで血液をサラサラにし体の隅々にまで血が巡ることで血行が良くなり、脂肪燃焼効果も期待できるのです。

また、ビタミンB2も脂肪燃焼を助ける働きがあるので、食事の時にアーモンドは欠かせないですね。

リバウンドしない

アーモンドダイエットは、アーモンドを普段の食生活に取り入れたり、間食に食べたりするダイエット法で、無理な食事制限をするわけではないので、リバウンドすることはありません。

アーモンドを食べるだけ!アーモンドダイエットの方法

アーモンドダイエットは、1日に20粒~25粒(約120kcal~150kcal)のアーモンドを食べるだけです。およそ片手一杯分くらいです。そのまま間食代わりに食べても良いですし、食事に取り入れても良いでしょう。

どんなアーモンドを選ぶ?

市販されているアーモンドは、大抵ローストされていて味付けもされていますよね。しかし、加工されているものほど酸化しやすく、味付けされているとついつい食べすぎてしまい糖分や塩分を摂りすぎてしまいます。

アーモンドダイエットでは、加工されていない『生アーモンド』か味付けされていない『素焼きアーモンド』を選びましょう。生アーモンドはスーパーではあまり見かけませんが、ネットで気軽に購入できます。

保存方法は、両者共瓶や缶にしっかりと密閉して酸化させないようにしましょう。

砕いて食べるのがおススメ

サラダや炒め物などに入れる場合は、なるべく砕いて入れましょう。アーモンドの細胞壁を壊しておくと、栄養を吸収しやすくなります。もちろんそのまま食べる時にもよく噛んで細かく砕いて食べれば問題ありません。

食前に食べると効果アップ

料理に入れても構いませんが、食前30分前に食べる方が効果的です。お水を飲みながらゆっくりと噛み砕いて食べることで、満腹中枢が刺激されて食事の量も抑えられることになります。

毎日食べて3ケ月

食事制限がなく普段と同じ生活をしながらアーモンドダイエットをするならば、すぐに効果が出るものではありません。ただし、いままで便秘だった方は便秘が改善することで体重の変化がすぐに表れるかもしれません。

何でも継続することが大切です。アーモンドの効果はじわりじわりとやってくるはずです。

おすすめの食べ方

腸内環境を良くする善玉菌の代表格である乳酸菌を多く含むヨーグルトやチーズ、牛乳を一緒に摂りましょう。

ヨーグルトに細かく砕いて混ぜたり、チーズと一緒に食べたり、ジューサーで牛乳と混ぜてアーモンドミルクを作ったりと、美味しく食べることができるでしょう。

また、手作りドレッシングに砕いて入れたり、炒め物にアクセントとして入れたりと、さまざまな料理に使うことができます。

間食として今までのスイーツやスナック菓子に替わりアーモンドを食べるようにしたら、早くにアーモンドダイエットの効果が表れること間違いなしです。

栄養豊富な天然サプリメントのアーモンドでダイエットをサポート!

アーモンドにはさまざまな栄養素が含まれており、ダイエットができる上に美容や健康面でもうれしい効果が期待できるなんて、やらないわけにはいきませんね。

もちろん、ダイエットとしてアーモンドを食べているという自覚を持ち、アーモンドに頼りすぎずに三食バランスの良い食事を心掛け、運動も取り入れたらダイエット効果も上がるでしょう。

美味しいからといって、25粒以上食べるとカロリーオーバーになるので気をつけましょう。食べる量を守れば、天然のサプリメントとして美容と健康に欠かせないアイテムになりそうですね。

苦しい食事制限やつらい運動でのダイエットで思うような効果が出なかった方は、このアーモンドダイエットを試してみてください。アーモンドが手放せなくなるかもしれませんよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
アーモンドを食べるだけの簡単ダイエット、糖質や脂質の吸収を防ぐ!|【Ichifukuen】
http://ichifukuen.info/almonddebihada36287/
ライター:kaco

この記事をシェアする

  • Facebook
    0
  • はてなブックマーク0

関連記事

コメント