• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学
この記事のタイトルとURLをコピーする
リップケア | Ichifukuen
http://ichifukuen.info/beauty/lip-care/

美人に不可欠なリップケア。ツヤと潤いのある唇で魅力アップ!

キレイな女性でいるためには、髪にお肌にスタイル…身体中どこのケアも必要です。

フェイスケアの陰に隠れて見逃しがちですが、リップケアだってもちろん重要な存在。

ツヤのあるプルプルの唇があると、顔つきが一気に華やかになります。女性らしさがアップして、メイクやヘアスタイルの魅力をさらに伸ばしてくれるのが唇です。

唇はきちんとケアを徹底しないとすぐに乾燥し、荒れてしまいます。リップケアの必要性や方法をチェックして、美女の唇を手に入れましょう。


唇は荒れやすいからケアが必要!唇が乾燥する原因とは

リップケアにあまり重要性を感じていない人、実は結構います。ですが唇にこそケアは大切なのです。

唇は他の部位とは違って皮脂腺がありません。そのため常に無防備でダメージを受けやすく、乾燥しやすい状態になっているのです。

他の部位は皮脂腺から皮脂が分泌されていますから、自発的に表面を潤そうとしていますよね?ですが唇はそもそも”皮膚”ではなくて”粘膜”。皮脂腺も汗腺もありませんから、他の部位と比べて人の手によるケアが欠かせないのです。

皮脂腺のない唇は、いつも次のような状況下にあります。

  • 外気の影響を受けて乾燥しやすい
  • 紫外線の影響を受けやすい
  • 唇を舐めることで乾燥しやすい
  • 唇に触れるものでダメージを受けやすい

唇は思っている以上にデリケートで、傷つきやすい部位です。

だからこそ自分の手で小まめにケアをして、万全の状態を保つ必要があるのです。

▼唇が乾燥する原因についてはコチラを参考にしてください!

唇の乾燥の原因の記事のトップ画像キャプチャ

お悩み別対処法。唇にありがちなトラブル&すべきリップケア

リップケアをすると言っても、唇がどんな状態かによってすべきケアは変わります。例えば唇が乾燥しているときもあれば、荒れて傷つきやすくなっている状態のときもありますよね?

そこで、唇に起きたトラブル別にリップケアの方法を見ていきましょう。

唇に縦ジワができたとき

唇に縦方向のシワが刻まれていることはありませんか?一気に老けて見える唇の縦ジワには、

  • 紫外線によるダメージ
  • 乾燥でシワができている
  • リップクリームを横に塗っている
  • 加齢によるシワ

といった理由が考えられます。

唇の縦ジワは、唇へのUV対策やリップケアで予防・解消することができます。逆にリップケアをしないと縦ジワはどんどん深くなっていきますから要注意!

唇に縦ジワができたときは、リップメイクに一工夫加えるだけで縦ジワをごまかすこともできます。シワの解消にリップケアが追い付かないときは、そういったメイク術で応急処置をしても良いですね。

▼唇の縦ジワを消す方法についてはコチラを参考にしてください!

唇の縦ジワの記事のトップ画像キャプチャ

唇の日焼けを予防・ケアする方法

顔や身体の肌部分には日焼け対策をしていても、唇にはしていない…なんてことはありませんか?

唇は皮膚が薄く皮脂腺がないことから、日焼けの症状が他の部位の肌とは異なります。つまり、唇の日焼けはなかなか気付かれにくいということです。

唇が紫外線でダメージを与えられると、

  • 乾燥してひび割れる
  • 荒れて出血する
  • 色素沈着が起きる
  • 赤く腫れ、ヒリヒリする
  • 水ぶくれになる

といった症状が出てしまいます。これらの原因が日焼けと気づかないままUV対策を怠っていると、症状は悪化する一方。

日傘や帽子、UVカットのリップクリームを利用して唇を日焼けから守りましょう。リップクリームを使ってUV対策をするなら、クリームの選び方や塗り方にも注目ですよ。

もしも唇が日焼けしてしまったら、医薬品のリップクリームやジェル、オイルでケアをしましょう。もちろん対策するのが一番ですが、アフターケアしだいでは唇の日焼けダメージを大幅に軽減できます。

紫外線のダメージは恐ろしいものです。唇を含め、全身にまんべんなくUV対策をしていきたいですね。

▼唇の日焼け対策についてはコチラを参考にしてください!

唇の日焼けの記事のトップ画像キャプチャ

唇の荒れやシワに効果的なケア

唇が乾燥してガサガサに荒れてしまった…という経験は誰でもあるのではないでしょうか?唇が荒れることには、

  • 空気の乾燥
  • 口呼吸のクセ
  • 唇の汚れ
  • 唇の摩擦
  • ビタミン不足
  • 胃腸の不調

といった理由が隠れています。唇の荒れはシワの要因でもあります。

唇が荒れたときは、敢えてリップクリームではなくワセリンを使って保護・保湿をするのがおすすめです。

他にもラップパックやリップスクラブ、唇のエクササイズなど…あらゆる視点からのアプローチで、唇の荒れを解消していきましょう。

リップケアの定番であるリップクリームは、配合されている成分によって唇の修復機能を邪魔する可能性があります。そのため唇が荒れているときには、敢えてリップクリームを使わないのも有効的ですよ。

▼唇の荒れを解消する方はコチラを参考にしてください!

唇荒れの記事のトップ画像キャプチャ

唇の血色が悪いときのケア方法

特に荒れてはいないけど血色が悪い…と感じる唇、ありますよね。

唇の血色は体調の悪さを表すバロメーターでもあります。例えば血行不良で身体が冷えてしまっていたり、内臓の調子が悪かったり…。唇の色が黒ずんでいるときは、一度体調不良を疑って見ましょう。

他にも、唇の血色が悪くなるのには次のような理由があります。

  • 紫外線によるダメージ
  • 唇を噛んだり舐めたりしている
  • 洗顔やクレンジングで唇を擦っている
  • ストレスなどの精神的ダメージ

唇の血色を良くしていくには、身体の内側からアプローチしていく方法が良いです。栄養を補給したり生活リズムを整えたりして、健康を取り戻していきましょう。

もちろんリップケアで唇を保湿することも大切ですよ。

▼唇の血色が悪い方はコチラを参考にしてください!

唇の血色を良くする方法の記事のトップ画像キャプチャ

唇の色がくすんでしまったときのケア

肌の色がくすんでしまうことがあるように、唇の色がくすんでしまうこともあります。女優さんやアイドルの唇と比べてみると、確かに自分の唇はくすんでいる…と感じること、ありませんか?

唇の色がくすんでしまうのは、乾燥と日焼けと色素沈着が主な原因です。つまりこれらを予防・改善することで唇のくすみは解決できるということ!

  • リップクリームで唇を保湿する
  • 唇にもUV対策をする
  • 化粧水や美容液を使ってリップケアを徹底する

…など、日頃からのリップケアを欠かさなければ、血色の良いキレイな唇になっていきますよ。

▼唇のくすみ対策についてはコチラを参考にしてください!

唇のくすみ対策の記事のトップ画像キャプチャ

理想の唇を手に入れる!おすすめのリップケアの方法

唇に生じる様々なトラブルは、日頃のリップケアが欠かせないことが分かりましたよね。

リップケアの具体的な方法についても見ていきましょう。

リップクリームの正しい塗り方

リップケアの基本ともなるリップクリーム、正しく塗れていますか?リップクリームは、

  • 塗る前に唇の汚れを取る
  • クリームを温めてから塗る
  • 縦方向に向かって塗る
  • 優しく塗っていく

…など、様々な注意点があります。間違った塗り方をしていた人は要注意ですよ。

リップクリームは唇が荒れてから塗るのではなくて、荒れる前に予防として塗るためのものです。食後や眠る前など…あらゆるタイミングで忘れることなく、しっかりりプクリームを使ってリップケアを徹底しましょう。

リップクリームは種類の使い分けも大切です。例えば唇が荒れているときは「医薬品」のものを、UV対策のためには「UVカットタイプ」のものを…。使う目的に合わせて、何種類かリップクリームを常備しておくと良いですね。

▼リップクリームの塗り方についてはコチラを参考にしてください!

リップクリームの塗り方の記事のトップ画像キャプチャ

リップスクラブの使い方

スキンケア用品として名高いスクラブ。これは、こすって角質を除去するためのアイテムです。

洗顔料などにも使われているスクラブは、「リップスクラブ」と言ってリップケア用の商品もあります。

唇は皮脂がなくデリケートな部分のため、スクラブを使ってターンオーバーを促進してあげましょう。唇にスクラブを使うことで、

  • 古い角質や汚れを落とす
  • 唇の血行を促進する
  • 保湿効果がある

といったメリットが得られます。唇の皮が剥けたり、血色が悪く色がくすんでいるような悩みのある人にはおすすめです。

ただし、唇が荒れていたり、アレルギー反応の出やすい人はスクラブの使用はやめましょう。また、スクラブを使用した後で皮膚がかぶれたり副作用が出た人は、すぐに皮膚科で診て貰ってくださいね。

リップスクラブは市販のものを使うのも良いですが、砂糖やはちみつ、オイルを使って自作することもできますよ。

▼リップスクラブについてはコチラを参考にしてください!

リップスクラブの記事のトップ画像キャプチャ

はちみつを使ったケア

様々な美容法に使われることの多いはちみつは、ビタミンやミネラルといった栄養素がたっぷり含まれています。もちろん、リップケアにも効果的な存在。

  • リップクリームのように塗って唇を保湿する
  • リップスクラブの材料として使う
  • 唇に塗った後パックしてスペシャルケアとして使う

…など、はちみつの使い道はたくさんあります。

はちみつにはビタミンを補給して炎症を抑えたり、免疫力の向上や抗菌作用を促す効果があるのです。

リップケアのアイテムに何を選んで良いのかわからない…という人は、まず手軽なはちみつの用意から始めてみるのも手ですよ。

リップケアに使うはちみつなら、加熱処理していないものを選ぶのがおすすめ。加熱処理のなされたはちみつは栄養価が減ってしまっていることがあります。

▼唇をはちみつでケアする方法についてはコチラを参考にしてください!

唇をはちみつでケアする記事のトップ画像キャプチャ

美容液を使ったリップケア

フェイス用のスキンケアと同じように、唇専用の美容液もあります。唇は他と違って皮脂がなく特別な部位ですから、それに合った専用の美容液でケアしましょう。

唇美容液は、使うポイントやタイミングによっていろんな効果を与えてくれます。

例えば眠る前に使えば、一日で受けた紫外線や乾燥によるダメージを修復するスペシャルケアになります。朝メイク前に塗れば、化粧ノリがアップする効果も。

唇美容液の基本は、朝と夜の2回に分けて塗ることです。リップクリームではカバーしきれないケアに協力してくれる強い味方です。

  • ダメージの修復効果を持つもの
  • 保湿効果を持つもの
  • 香り付きでリラックスを促すもの

…など、様々なタイプがあります。好きなタイプの唇美容液を、リップケアに加えてみてください。

▼唇美容液についてはコチラを参考にしてください!

唇美容液の記事のトップ画像キャプチャ

マッサージでリップケア

マッサージは血流を促して、ターンオーバーを促進させたり、乾燥を防ぐことができます。唇にもマッサージを施して、リップケアの一環にしてみましょう。

唇をマッサージすると、血色が良くなります。クリームを使った状態でマッサージすれば、クリームを優しく唇のシワに塗り込むこともできるのです。

唇のマッサージにはいくつかやり方があって、それぞれで手順も効果も変わります。自分の唇の状況や欲しい効果に合わせて、ケースバイケースのマッサージをしましょう。

リップクリームを塗るついでにすれば、難なくマッサージが習慣になっていきますよ。

▼唇マッサージについてはコチラを参考にしてください!

唇マッサージの記事のトップ画像キャプチャ

唇で女性らしさが変わる!簡単なリップケアで魅力を上げよう

唇は女性の魅力を大きく左右する重要な部分です。唇の色やうるおい加減によっては、セクシーにもキュートにも変身できちゃうのです。

とにかく唇さえ綺麗に整っておけば、女性らしさがアップすることは間違いありません。

リップケアはそんなに時間もコストもかからないことばかりです。

「魅力を上げたい!」と悩んでいる人は、まずは簡単なリップケアから始めてみてくださいね。慣れればすぐに生活習慣の一つに加わりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
リップケア | Ichifukuen
http://ichifukuen.info/beauty/lip-care/