• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

既婚者なのにうっかり恋に落ちちゃう女性の特徴と、その危険度

Date:2018.05.10

この記事のタイトルとURLをコピーする
既婚者なのにうっかり恋に落ちちゃう女性の特徴と、その危険度|Ichifukuen
http://ichifukuen.info/furin1003/

「浮気したことがない男なんていない」とよく既婚男性から聞いたものですが、近頃では男性陣ものん気に浮気している場合ではないようです。

結婚していても他の男性と恋に落ちてしまう女性を、夫以外の男性を好きになってしまう女性を、本当によく見かけるようになったのです。

元々付き合いが派手であったり、浮気性であったりするような女性ならまだしも、ごく普通の真面目な女性がうっかり恋に落ちるケースも少なくないのです。

あなたは大丈夫でしょうか。家庭があるのに夫以外の誰かを好きになってはいませんか?

今までないからといって安心はできませんよ!「気づいたら好きになっていた」ということが誰にでも起こりうるのです。

既婚女性による不倫や婚外恋愛が増えた理由

以前は、浮気は男性だけがするものというイメージがありましたが、今では既婚女性の不倫も珍しくありません。

それは、女性の貞操観念やらなにやら、時代が変わったということもありますが、何よりも、女性の社会進出が大きく影響しているのではないでしょうか。

昔の女性は、家事をして子育てをして家を守る。活動場所が家の中だけ、新しい出会いなどありませんでした。ところが、女性も男性同様、結婚後も仕事を続ける人が増え、夫の目の届かない場所で、自分だけの世界を持てるようになったのです。

出会いの機会が増えれば、男でも女でも恋に落ちるときは落ちるのです。

また、パソコンやスマホの普及により、

  • リアルな出会いに加えてインターネット上にも簡単に出会いが見つかる
  • メールやLINEで簡単に連絡が取りあえる

など。不倫や恋が生まれやすい環境が整っていることも影響しているのではないでしょうか。

夫以外の男性と恋に落ちる危険性が高い女性のタイプとは

夫以外の男性を好きになる可能性は誰にでもあります。ただ、恋に落ちてしまう危険性が高い人・条件はやはりあります。

結婚5年以上の夫婦

恋愛は麻薬のようなもの。実際、恋をする人の脳内では、恋する刺激の元となる脳内麻薬フェニルエチルアミンが分泌されます。ただ、脳内麻薬はずっと出続けることはありません。長くても3年~4年でその効果はなくなります。

結婚生活を2年、3年と続けていくうちに、お互いにドキドキする気持ちはなくなっていくのです。恋から落ち着いた愛情へと気持ちは変化していきます。

ずっと脳内麻薬が出たままだとハイな状態に疲れてしまうので、それが普通なのです。ただ、結婚生活にも慣れ、仕事や家事育児にも慣れて、毎日を簡単にこなせるようになると、新たに恋をする余裕が生まれてしまいます。

そんな時、理想の男性と知り合う機会があったとしたら…素敵な男性に好意を持たれたら…脳内麻薬が分泌されたが最後、もう恋を止めることはできなくなります。

子供のいない既婚女性

子供がいると、子供の成長に合わせて生活にいろんな変化があります。日常も忙しく女性として過ごす時間が少ないこともあり、子供のいない夫婦に比べて恋する危険度は低くなります。

また、出産して母乳を与える授乳期などは、ホルモンの関係ですっかりお母さんモードになり、恋愛ごとに心が向かなくなる女性も。

対して、子供がいない既婚女性の場合、子育てに追われる母親と違い、生活の中にも余裕があります。

同じ仕事を長く続けている人、仕事の内容が単調な人は特に、代り映えしない毎日にどこかで退屈さを感じていて、夫以外の男性との刺激的な恋に、つい心が動いてしまうというケースもあります。

子供がいないということは、いざとなれば夫と離婚して新たに人生をやり直すという選択もできるため、子持ちの女性よりも心のストッパーが弱いかもしれませんね。

ただ、実際には、子供の世話を夫に頼んでほかの男性に会いに行ったという話も、いくつか聞いたことがあるので、子持ちだからといって安心はできませんよ。

夫に大事にされていない女性

最近は愛情表現やスキンシップ豊富な男性も増えてきていますが、日本男性は妻に優しい言葉をかけたり、大切に扱ったりすることが苦手な人も多いため、結婚後、男性から優しくされたり、チヤホヤされたりすることから遠ざかっている女性も少なくありません。

そういう女性が、男性に優しくされたり、女性としての魅力をほめられたりすると、夫との生活の中であきらめかけていた女性としての幸せを手に入れるべく、恋に落ちていく場合があります。

30代後半~40代の女性

「もう若くない」と自覚する年齢になり、夫から「お前老けたな」とデリカシーのないことを言われたりもしだすころ。

「女性としてこのまま終わるのかな?」「私はもう女性として通用しないのかな」と、女としての自分に自信をなくし始めます。

そんなとき熱い視線を送ってくる男性に出会ってしまったら。「私、まだ現役?」と舞い上がってしまう女性も少なくないようです。

長らく男性から口説かれるという立場にいなかったことで、そのまま恋に落ちてしまう女性もいますが、「自分が女性としてどこまで通用するか確認したい!」という思いで浮気に走る女性も中にはいます。

結婚前の男性経験が少ない真面目な女性

「夫以外の異性は男ではない」と断言するくらいに真面目な女性も要注意です。

本当に夫のことが大好きで大好きで、それ以外の男性はかすんで見えるというのであれば問題はないのですが、真面目であるが故、「そうあるべき」という道徳心から他の男性を必死に見ないようにしているタイプは危険です。

思わず素敵な男性と知り合ってしまったり、「結婚しても素敵な男性は素敵でしょ」と夫以外の男性を素敵に思うことを肯定する意見を言う女性に影響を受けたりすると、素敵と思うことにとどまらず、一気に恋に落ちてしまうことがあります。

また、結婚前に夫以外の男性との経験がない女性の場合、「夫以外の男性を知らずに死ぬのもどうなの?」という興味本位で浮気する女性も稀にいます。

恋に夢中でも忘れないで!既婚者の恋にはリスクが伴う!

既婚者には本来、夫以外の男性との自由な恋愛は許されていません。既婚者が恋をすることにはリスクが伴うのです。

この当たり前の事実を忘れさせてしまうのも恋の怖いところ。ばれるばれないを考えられないくらいに、目の前の恋に夢中になっている場合が多いのです。

恋をすることは素敵なことです。でも、既婚者であるならば、ばれれば離婚を言い渡されても仕方がない、今の生活をすべて失ってもしょうがない、くらいの覚悟を持たなければいけません。

特に、真面目な女性、夫にかけらも疑われない自信がある女性は注意が必要です。ばれたときに夫に許してもらえない可能性が高いからです。

「こいつは浮気性だから」と妻が浮気しないかハラハラしながら結婚生活を送っている男性であれば、そもそもそういう女だとわかっていても好きなのですから、いざ浮気が発覚しても離婚に至らないケースが多いです。

しかし、真面目さ純粋さが好きで結婚したのであれば、その衝撃は計り知れず、許す許さない以前に妻として受け入れることができなくなる恐れがあります。

夫以外の男性とうっかり恋に落ちないために!その予防法と対処法

今の生活を壊したくないのであれば、夫以外の男性への恋はしない方がよいわけですが、しようと思っていなくても突如として落ちてしまう恋もあります。

一度恋愛ホルモンが脳内に放出されてしまうと、冷静な思考能力を失ってしまうのが恋の怖いところです。

では、うっかり恋に落ちないためには、どうすればよいのでしょうか。既婚女性の恋の予防法・対処法をいくつか紹介します。

素敵な男性がいそうな場所には極力近づかない!

恋は麻薬と同じです。脳内麻薬に脳が支配されてしまったらおしまいです。

ドラッグをやめたければ売人との接触を絶たなければならないのと同様に、恋をしたくないのであれば、恋の麻薬を与えそうな男性がいるような場所には近づかないのが一番です。

出逢いの場と言ってもさまざまです。私の周りで一番多いのはネットを介して知り合った人との恋です。

出逢い系サイトだけではありません。普通に趣味を通じて、仕事を通じて、ネットでの出逢いというのはリアル世界と同じく、ふと出逢えるものなのです。

そのほかにも、

  • 職場
  • 同窓会
  • 子供の学校のPTA
  • 習い事

「え、そんな場所での出会いも?」と思うところにも危険は潜んでいます。今はみんなメールやLINEなどでこっそり連絡が取れてしまうので、オープンに見える出会いの場所でも、密かに恋が始まることもあるようです。

職場や学校のPTAなどは、近づかないわけにもいかないので困りますね。実際、職場関係の男性と恋に落ちる女性、PTAの親同士の色恋沙汰などもよく聞く話です。

ときめきそうな相手に出逢ってしまったら距離を取る

職場や子供の学校関係での出会いは避けることができません。そういう場合は、「この人は危ないかも」と思う男性を早々に予測して、その人との個人的な接触は避けるよりほかありません。

早い段階であれば、脳内はまだ完全に麻薬に侵されてはいないため、冷静に距離をとることができます。

真面目な女性はこの初期段階に気づけずに、気づいたら近寄りすぎて恋に落ちていた!なんてことにもなるわけです。

ときめきそうかどうかわからなくても何か気になる、逆に気に食わないなど、とにかくほかの男性とは違う何かを感じるなら避ける!これに限ります。

「え、気に食わない場合も?」と不思議に思うかもれませんが、「はじめはすごく嫌いだった」というところから逆転で大恋愛に発展するケースもあるのです。

好きと同様、嫌いという気持ちも相手への強い感情です。無関心ではいられない相手なので要注意です。

予防線むなしく恋に落ちてしまったら

それでもうっかり恋に落ちてしまった場合、恋に慣れている女性なら踏みとどまる策もあるでしょうが、そうでない女性の場合はもう救済方法はありません。夫にばれるか、恋する気持ちが冷めるかしなければ終わりません。

一度限りの浮気なら良いですが、恋に落ちている場合は長引きます。長引けば長引くほど、ばれるリスクも高まります。

恋に落ちてからでは冷静な判断をする自信がないという人は、恋をしていないうちに、離婚された場合のシミュレーションをしてみてください。

離婚されたら、今の生活がどう変わるのか、何を失うのか、誰と会えなくなるのか、紙に書きだしておいてください。

今の生活が幸せであればあるほど、失う怖さが身に染みるでしょうし、万が一恋に落ちても、それを見れば踏みとどまることができるかもしれません。

夫に不満のない女性も注意!突如の恋も軽く受け流せる女性に

こんなに幸せなのに他の男性を好きになるはずがない、と笑っているあなた。あなたこそ危険かもしれません。

私の周りに関していえばですが、いつも夫への不満や悪口を言っている女性に意外に浮気は少なく、夫婦円満で夫に不満などないのに道ならぬ恋に落ちる女性が多いのです。

夫とあまり仲がよくない女性は、ある意味心構えができています。「素敵な男性が現れたら?間違いなく恋に落ちる!落ちる!」とわかっています。

そうなれば今の夫とはおしまいだろうという思いもありますし、中には、「誰か私をさらいに来てくれないかなあ」などと夢見ている人もいるかもしれません。

ただ、そういう女性は意外に冷静で、子供の年齢を考えたり、経済的なことを考えて「今はダメだな」と危険な場所は避けて通ったりします。

心配なのは「私に限ってあり得ない」と、自分が道を踏み外す可能性をかけらも想像したことがない女性です。どんな女性でも恋に落ちる危険性はあるのです。それを自覚して、予防する気持ちを持つことが大切なのです。

ある日突然、心を奪われる男性に出会ってしまったとしても、大切なものを失うことがないように。取り乱すことなく、大人な対応ができる女性になりたいですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
既婚者なのにうっかり恋に落ちちゃう女性の特徴と、その危険度|【Ichifukuen】
http://ichifukuen.info/furin1003/
ライター:iroha

この記事をシェアする

  • Facebook
    0
  • はてなブックマーク0

関連記事

コメント