• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

菌活ダイエットで健康的に痩せる!そのうれしい効果とやり方

Date:2018.12.06

この記事のタイトルとURLをコピーする
菌活ダイエットで健康的に痩せる!そのうれしい効果とやり方|Ichifukuen
http://ichifukuen.info/hakoushokukouka21296/

shutterstock_279829634
「菌活」という言葉を聞いたことがありますか。菌といっても、ここでは身体に良い効果をもたらしてくれるものを指します。それらを効率よく摂取することで健康になるのはもちろん、ダイエットにも効果があります。

私たちは普段何気なく、身体に良い菌が含まれる食材を口にしています。あなたの自宅にも、菌活に利用できる食材が何かしらあるのではないでしょうか。

この記事で菌活の効果を知り、早速日々の食事に活かしてみませんか?


知れば納得!菌活がダイエットに効果的な理由

まずは菌と体の関係性を知り、「菌活」がどんなものであるかを知りましょう。

菌活はそもそも、身体を健康にするための方法です。ダイエットを成功させるには、単に痩せるだけでなく身体が健康であることも重要です。

菌活と腸の関係性。ダイエットのために健康も見直そう

菌活とは私たちの身体、特に腸に良い効果をもたらしてくれる菌を食事で摂取することです。

腸には数百から数千もの腸内細菌が存在し、消化吸収や便をつくるといった直接的な腸の働きはもちろん、全身の免疫力をつかさどるという大事な役割も担っています。

「腸内フローラ」という言葉がありますが、それは腸に住み着いている無数の腸内細菌の様子が花畑のように見えることから来ています。腸内細菌は、働きによってだいたいが以下の3種類に分類されます。

具体的な名称 主な作用
善玉菌 乳酸菌、ビフィズス菌 消化吸収、感染防御
悪玉菌 ウエルシュ菌、大腸菌(有毒株) 毒素やガスの発生
日和見菌 バクテロイデス、大腸菌(無毒株) 優勢な菌に加勢する

菌活は、この中の善玉菌を増やすことが目的となります。人間の場合、乳児の腸は善玉菌が多いのですが、年齢を重ねるにつれ悪玉菌が増えていきます。また生活習慣の乱れや便秘なども悪玉菌が増える要因になります。

菌活がダイエットに良いのは、痩せると同時に健康も手に入るから

菌活で腸内の善玉菌を増やすと、ダイエットとしては以下のような効果が得られます。

便秘解消
善玉菌を増やして腸の動きを活発にすると、お通じがスムーズになります。いわゆる「デトックス」ですね。デトックスが順調に進むと善玉菌がさらに増え、「ぽっこりお腹」も解消されるので、それだけでお腹まわりがすっきりする人もいるでしょう。
免疫力アップ
免疫力というと風邪や病気の予防を思い浮かべる人が多いと思いますが、ダイエットにも効果があります。免疫力がアップすると体温が上がり、代謝が良くなるので脂肪を燃焼しやすい身体をつくることができます。

以上の点を踏まえると、菌活ダイエットが特におすすめな人は以下のようになります。

  • 便秘がちの人
  • 低体温の人

例えば便秘は肌荒れを引き起こし、低体温は風邪を引きやすくなるなど、全身に影響を及ぼします。菌活ダイエットでそれらを解消することで、痩せるだけでなく同時に健康にもなれてしまうんです。

便秘や低体温の解消に限らず、健康を重視したダイエットを行いたい人にも菌活ダイエットはおすすめと言えます。

食材選びが楽しい!菌活ダイエットのやり方

それでは、菌活ダイエットのやり方をご説明します。菌活ダイエットは、毎日の食事に身体に良い菌を含む食材を取り入れることです。

主な菌類と食材、そして効果的に取り入れるコツを覚えましょう。菌の種類も食材もたくさんあるので、選んで食べるのを楽しめますよ。

菌活ダイエットに大活躍してくれる菌類と食材

まず、菌活ダイエットに取り入れたい菌類と食材をまとめました。普段よく目にするものばかりですが、詳しい栄養や健康効果もあわせてお伝えしますので、食材選びの参考にしてくださいね。

乳酸菌…ヨーグルト、チーズ、キムチ
乳酸菌は整腸作用があることで有名です。ダイエット効果としては内臓脂肪を減らしたり、コレステロール値の低下といったものがあるため、便秘の改善をしながら痩せやすい身体をつくるのには最適です。ヨーグルトやチーズといった乳製品は手軽に食べられますし、乳製品が苦手な人はキムチで乳酸菌を摂取するといいでしょう。
きのこ菌…しいたけ、えのき、しめじなど
きのこはそのものが菌です。ビタミンB群と食物繊維が豊富なので整腸作用はもちろん、肌荒れや免疫力アップにも効果があります。そしてきのこといえば低カロリーなので、ダイエット中の食事には必ず取り入れたい食材です。淡白な味でどんな料理にも使うことができ、種類も多いので飽きにくいでしょう。
麹菌…味噌、醤油、塩麹、米麹の甘酒など
麹菌には30種類以上の酵素が含まれ、免疫力アップやビタミンの生成など、健康や美容の効果がたくさんあります。特筆すべきは、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖を生成してくれる点です。味噌や醤油など調味料が多いので、日常的に取り入れている人も多いと思います。
納豆菌…納豆
納豆菌は胃酸に強く、腸まで届きやすい菌です。また腸内の乳酸菌を増やし、悪玉菌を減らす効果もあるので他の菌との相乗効果が期待できます。納豆ができる段階に発生する酵素の「ナットウキナーゼ」は血液をサラサラにし、血圧を下げてくれます。納豆が苦手な人はチャーハンや卵焼きなど、他の料理に混ぜると食べやすいですよ。納豆菌は熱に強いので、加熱しても大丈夫です。

複数の菌を組み合わせるのが、菌活ダイエット成功のコツ

菌活でダイエットをする際には、複数の菌を組み合わせて摂ることが大事です。腸内細菌は数え切れないほどの種類がありますし、人によっては特定の菌や食材が合わない可能性もあります(ヨーグルトを食べるとお腹がゆるくなる、など)。

一食の中で、または一日の中で効率よく複数の菌を摂取できるように工夫してみましょう。一つの食材からだけではなく様々な食材から菌を摂ることで、無理なく長く続けられます。

  • キムチ鍋にきのこを入れる
  • 甘酒にヨーグルトを混ぜる
  • きのことチーズでピザトーストを作る

あなたの好みに合わせて、楽しくメニューを考えてみてください。

しっかり効果を出すために!菌活ダイエットの注意点

身体に良いことがたくさん得られる菌活ダイエットですが、注意点もあります。

身体に悪影響が出るほどのことではありませんが、効果が出やすくするために気をつけていただきたいことをまとめました。

毎日続ける

菌活ダイエットの効果を出すには、毎日続けることが必要です。摂取した菌は3日ほどで便と一緒に外に出てしまうため、一度にたくさん摂るよりは毎日少しずつでも続けたほうが効果を得られます。

日によっては料理ができないなど、菌活が思うようにできないこともあるでしょう。そんな時はヨーグルトやチーズを一個食べるだけでも十分です。すぐに食べられるものをストックしておくといいですね。

食べすぎない

身体に良いからといって、同じ食材ばかり食べ続けたり菌を含む食材しか食べない、といったことはしないようにしましょう。栄養バランスが偏り、身体の不調を招いてしまいます。

また、ダイエットとして考えれば当たり前のことですが、菌さえ摂れば好きなものを好きなだけ食べていいということにはなりません。バランスよく、そして腹八分目を心がけて食事をしましょう。

腸内環境を整えて痩せた身体は最強!菌活をはじめよう

菌活で腸内環境を整えると、身体が健康になると同時にダイエットもできます。全身の健康をつかさどる腸にアプローチするからこそ、できることですね。

健康な状態で痩せることができればベストな体重や体型を維持しやすく、リバウンドの心配も少なく済むでしょう。

菌活は身近な食材を使うので、コストや続けやすさを考えるとダイエット法としてはかなり手軽にできるものです。はじめは一杯の味噌汁や一個のヨーグルトからで十分ですので、あなたも菌活ダイエットを始めてみませんか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
菌活ダイエットで健康的に痩せる!そのうれしい効果とやり方|【Ichifukuen】
http://ichifukuen.info/hakoushokukouka21296/
ライター:まいす

この記事をシェアする

  • Facebook
    0
  • はてなブックマーク0

関連記事

コメント