• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妊娠中の肌荒れの原因と対策。妊婦さん向け美肌を保つスキンケア

Date:2018.04.11

この記事のタイトルとURLをコピーする
妊娠中の肌荒れの原因と対策。妊婦さん向け美肌を保つスキンケア|Ichifukuen
http://ichifukuen.info/ninpuhada88576/

妊娠中に悩まされるマイナートラブルのひとつ、肌荒れ。メイクやスキンケアのときに鏡を見るのも憂鬱になるし、「お腹の赤ちゃんは大丈夫かな…」と心配の種にもなってしまいますよね。

だけど、必要以上に悩んだり、ストレスをためてしまっては心身共に良いことなしです。

今回は妊娠中の肌荒れについて、正しい知識と対策を知り、リラックスして妊婦生活を送りましょう。


妊娠中の肌荒れの大きな原因は、ホルモンバランスの変化によるもの

妊娠中は、エストロゲン・プロゲステロンなどの女性ホルモンが増加し、ホルモンバランスが大きく変化します。

このホルモンバランスの変化によって、私たちの身体も妊娠維持・出産に向けて大きく変化していきます。
特にプロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠初期からの肌荒れと密接な関係がありますので、詳しく解説していきます。

妊娠中に多く分泌される女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン、妊娠を維持して赤ちゃんを守ってくれるという大事なホルモンなのですが、同時にマイナートラブルも多く引き起こします。

お肌の代謝を鈍らせ、水分量や油分のコントロールがしづらくなる

生理前の肌のコンディション、まさにそれが妊娠初期からのお肌と同様と思えばわかりやすいかと思います。

  • 脂っぽく、ニキビができやすい
  • 乾燥して粉を吹く
  • 小さな赤いポツポツができる
  • 少しの刺激でかぶれたり、かゆくなったりする

上記はお肌のターンオーバーを鈍らせてしまう、プロゲステロンが原因で起こりうる症状です。

普通なら生理が終われば改善する場合が多いのですが、妊娠中はそうもいかないので「いつまで…?」とストレスになりがちです。

色素細胞を刺激して、シミや黒ずみを起こしやすくなる

プロゲステロンは、シミのもととなる色素細胞を活性化させ、メラニンを作り出してしまう働きもあります。ターンオーバーが乱れているうえに、メラニンが多く作られるとシミや黒ずみが出来やすくなります。

とはいえこのメラニンも、もともとは有害な紫外線から私たちの肌を守ろうとするからできるものなんです。

プロゲステロンは「守る」こと重視の女性ホルモンだと思うと、一概に悪役にすることは出来ないですよね。

子宮や腸の動きを鈍くするので便秘になりやすくなる

上でも説明したように、プロゲステロンは妊娠を「守る」ホルモンとも言えます。
だからこそ、宿ったばかりの赤ちゃんを流産などから守るため、子宮や胃腸の動きを鈍くする働きがあります。
そのため、妊婦さんの多くが悩む便秘を引き起こす原因となってしまいます。

便秘で体内の老廃物がうまく排出できない状態が続くと、吹き出物が出たり、肌荒れが治りにくかったり「出ない」というだけでストレスの原因にもなってしまいます。

どれも、栄養分を蓄えて妊娠中の状態を安全に維持するための働きなのですが、
ずっと生理前のようなコンディションが続くため、結果として肌荒れという症状が出てきてしまうんですね。

つわりやストレスなどが原因の肌荒れも

上記したホルモンバランスの乱れ以外にも、

  • つわりのせいで十分な栄養・水分補給が出来ないこと
  • 妊娠生活を送る中でのストレス

などで肌荒れを起こしている場合もあります。

必要な栄養がとれなかったり、睡眠がまとまってとりにくくなったり、あちこち痛んだりむくんだり…

そんな体調不良オンパレードのせいで出産準備がなかなか進まない、というのもかなり精神的に来るものがありますよね。

それでも何とかしたい!肌荒れ対策方法は?

女性ホルモンの大きな変化は妊娠につきもの。避けて通ることはできないので、無理せずストレスのないように対策をすることが必要です。

低刺激のスキンケアで保湿・紫外線対策を重視

ひどい乾燥や、逆にオイリーになってしまいがちな妊娠中の肌。いつも使っていた化粧品が合わなくなってしまった、なんて人も多いようです。
そんな時は、高い化粧品や美容液などのスペシャルケアに頼るよりも、刺激のない無添加・無香料などのケア用品に変えてみても。

少しの刺激にも敏感に反応してしまう弱った肌に、過度に栄養を与えるのはあまりオススメできません。馬油やベビーオイルなど、出来るだけ肌に負担をかけない保湿アイテムに切り替えた、という声も多いですね。

また、UVケアもしっかりと行うようにしましょう。

  • 帽子やストールを着用する
  • 日焼け止めはSPF値の弱いものを重ね塗りする
  • UV効果のある保湿下地を利用する

など、できるだけ肌の刺激にならないようにケアをしましょう。

便秘解消にはまず水分補給!

妊娠初期は特に、つわりもあり十分な栄養を取るのが難しいかもしれません。
たとえ食べても赤ちゃんに優先的に栄養がいくので、母体へはなかなか栄養が行かなくなりがちです。

それでも便秘対策をするためには、水分補給が効果的です。

水はもちろん、妊婦さんでも安心して飲める麦茶やルイボスティーなども取り入れて
できるだけ水分補給をするように気をつけましょう。朝起きてすぐ、大きめのグラス1杯の硬水や炭酸水も試してみる価値ありですよ。

野菜や乳製品、発酵食品を取り入れて出来るだけバランスよく栄養を取れるのが理想的ですが、ムリせずに!辛い時は割り切って、「食べられるものだけ」でOKとしておきましょう。

ストレスを溜めない・ひとりで悩まないこと!

妊娠中はホルモンバランスの影響もあり、いつもならスルー出来る事でも悶々と悩みがちです。心配事があると、ひとりスマホで検索して、さらに不安が大きくなったり…。

家族や友人はもちろん、職場に出産経験のあるママがいたら、この際だから不安や疑問をぶつけてみるのもテです。

自分では不安でいっぱいの事も、「そうそう!!あったあった~!」と笑い飛ばしてくれるかもしれません。かくいう筆者もそれで救われたことが何度もあります。職場の肝っ玉ママさん達の笑顔にどれだけ励まされたことか!

それでも心配な事は、結局確認するまで自分の中で引っ張ってしまいがちなので、「こんなことで」と思わずにかかりつけの産院へはやいとこ相談しましょう。
心配事をどれだけひとつひとつ早めにクリアして過ごせるか、それがストレスのない妊婦生活のコツかもしれません。

自己判断での市販薬使用はNG!不安なときは必ず病院へ

妊娠中の肌は本当に未知数ですよね。別に変わったことをした覚えはないのに、いきなりコンディションが変化する事もしばしば。

筆者も妊娠初期、蕁麻疹のようなブツブツが全身にできてびっくりした経験があります。原因は分からないしかゆいし不安だし…赤ちゃん大丈夫!?って心配にもなりますよね。

肌荒れのなかでも、もしかゆみや発疹を伴うものが顔や身体にできた場合は必ず産院もしくは皮膚科へ相談をして下さいね。自己判断での市販の薬の使用は絶対に避け、妊娠中であることを必ず伝えたうえで、医師の判断に従いましょう。

ただでさえ未知なものへの不安や希望でいっぱいの妊娠生活。
たかが肌荒れ、されど肌荒れ。少しでも早く妊婦さんの心配事のひとつをクリアできるよう、この記事が参考になれば幸いです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
妊娠中の肌荒れの原因と対策。妊婦さん向け美肌を保つスキンケア|【Ichifukuen】
http://ichifukuen.info/ninpuhada88576/
ライター:もより

この記事をシェアする

  • Facebook
    0
  • はてなブックマーク0

関連記事

コメント