• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自宅でできる!お気に入りのぬいぐるみを清潔に保つお手入れ方法

Date:2018.10.25

この記事のタイトルとURLをコピーする
自宅でできる!お気に入りのぬいぐるみを清潔に保つお手入れ方法|Ichifukuen
http://ichifukuen.info/nuigurumi8324/

どこかに行く度に買ったりプレゼントでもらったりするぬいぐるみ。いつの間にか増えていませんか?

ぬいぐるみが好きな子供は、お気に入りのぬいぐるみを何体か持ち運び、寝食を共にすることもありますよね。汚れた手で触ったり、外に連れ出していろいろな場所に置いたりと、毎日一緒にいるのだから汚れるのは仕方がないことですが、親としては汚れやダニ、雑菌が気になります。

そんな子供の大切にしているぬいぐるみは、いつもキレイに清潔にしておきたいですよね。でもどうやってキレイにしたらいいのかわからない、洗うのはちょっと不安、と思っていませんか?

ここでは、家庭でもぬいぐるみをキレイにできるお手入れ方法をご紹介します。これを読んだら、すぐにでも実践したくなるほど簡単なのですよ。


定期的に汚れを取りたい!型崩れしないぬいぐるみの洗い方

まずは、ぬいぐるみについている洗濯表示を確認しましょう。「洗濯機洗い可」「手洗い可」の表示は、自宅で丸洗いができます。

ぬいぐるみのほとんどが、アクリル100%かポリエステル100%で、中綿はポリエステル100%の石油系繊維で作られているので、大抵自宅で洗うことができます。

ウールや革など洗濯できない素材で作られているぬいぐるみ、電池が内蔵されているぬいぐるみ、アンティークのぬいぐるみ、色落ちが確認できる素材のぬいぐるみなどは洗うことができません。専門店やクリーニング店、メーカーに問い合わせしてみましょう。

丸洗いできるぬいぐるみは、なるべく手洗いで

丸洗いできるぬいぐるみは、大きな洗い桶を用意して手洗いしましょう。大きな洗い桶がない場合は、お風呂の湯船で行っても構いません。

  1. リボンやペンダントなどの付属品を外します。
  2. 洗い桶にぬるま湯か水をためて、中性洗剤もしくはホームクリーニング洗剤をたらします。
  3. ぬいぐるみ全体を浸し、もみ洗いをします。汚れがひどい場合はたたき洗いをしましょう。
  4. ぬるま湯か水を何回か入れ替えて、十分にすすぎます。
  5. 良く絞って、大きめのタオルで水気を拭き取ります。
  6. タオルでぬいぐるみをくるんだまま、洗濯機で脱水します。
  7. 脱水が終わったら、形を整えて風通しの良い日陰で完全に乾かします。
  8. 毛並みが乱れていたら、手で撫でつけるか、ブラッシングしましょう。

大きいぬいぐるみや部分汚れは、拭き取り洗いで

丸洗いできない大きなぬいぐるみや部分的に汚れている場合は、拭き取り洗いをしましょう。

  1. 薄めた中性洗剤を染み込ませたタオルで、汚れている部分を拭きます。
  2. 次に、水で濡らして固く絞ったタオルで洗剤を拭き取ります。
  3. 乾いたタオルで水気を充分に取ります。
  4. 形を整えて風通しの良い日陰で、完全に乾かします。
  5. 毛並みが乱れていたら、手で撫でつけるか、ブラッシングしましょう。
洗う時の注意点

  • 洗濯ネットに入れたまま干すと干しやすいですし、型崩れも防げます。
  • ぬいぐるみは衣類と同じく、繰り返し洗うと色落ちしたり型崩れすることがあります。
  • ぬいぐるみの表面の生地の加工によっては、ブラッシングできない場合もあります。無理にブラシをかけないようにしましょう。
  • 洗濯機で丸洗いもできますが、ネットに入れても目や鼻などのプラスティック部分に傷がつくかもしれないので要注意です。
  • 必ずお天気の良いカラッとした日に行いましょう。何日も雨続きが重なると、いつまでもスッキリ乾かず逆に菌が繁殖しやすくなります。2-3日お天気が続く日を選んで行いましょう。

洗うよりも頻繁にできる天日干しでぬいぐるみのダニ退治をしよう

ぬいぐるみの素材はアクリルやポリエステルなので、ダニがたかることはありません。しかし、実はぬいぐるみに付着した汚れにダニが寄ってくるのです。

ダニは洗うだけでは落ちにくいのを知っていましたか?汚れは先述の通り洗って落とし、ぬいぐるみの奥に潜むダニは天日干しで退治しましょう。

黒いビニール袋に入れて週一回は天日干し

ただ天日干しをすればいいのではありません。黒いビニール袋を使うのです。黒いビニール袋にぬいぐるみを入れて、30分以上天日干ししましょう。太陽の熱が黒いビニール袋に集まり、袋の中は50度以上に上昇することになり、ダニや雑菌が死滅するのです。

天日干ししたぬいぐるみは、最後に掃除機をかけて死んだダニとハウスダストを徹底的に除去しましょう。

これなら洗うよりも簡単で手間になりませんよね。また、洗えないぬいぐるみもこの天日干しの方法で殺菌消毒できます。

ただし、お天気の良い日に行いましょう。週一回はこのように天日干しすることをオススメします。黒いビニール袋に入れることで日焼けや色落ちも防げますよ。

天日干しの注意点

  • 革で作られているもの、革が部分使いされているものは、変色したり傷んだりする可能性があるのでオススメしません。
  • ぬいぐるみの内部に電池が内蔵されているものは、故障の原因になりかねないのでやめましょう。

正しいお手入れ方法で定期的にぬいぐるみをキレイする習慣を

子供だけでなく、大人でもお気に入りのぬいぐるみを持っている人はいます。いつまでも大切に保存しておきたい思い入れのあるぬいぐるみも、いつも一緒にいたいと願う子供にとっては弟妹のようなぬいぐるみも、キレイに清潔にしておきたいものです。

頻繁に使っているぬいぐるみや汚れがひどいぬいぐるみは、定期的に丸洗いか拭き取り洗いをし、週一回天日干しを行いましょう。

いつまでも大切にしたい家族の一員であるぬいぐるみ。正しいお手入れ方法で長くキレイな状態を保つことができます。定期的なお手入れを習慣にして、お気に入りのぬいぐるみとの思い出を作りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
自宅でできる!お気に入りのぬいぐるみを清潔に保つお手入れ方法|【Ichifukuen】
http://ichifukuen.info/nuigurumi8324/
ライター:kaco

この記事をシェアする

  • Facebook
    0
  • はてなブックマーク0

関連記事

コメント