• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

痩せ体質の鍵は呼吸!スローブレスダイエットの効果とやり方

Date:2018.12.30

この記事のタイトルとURLをコピーする
痩せ体質の鍵は呼吸!スローブレスダイエットの効果とやり方|Ichifukuen
http://ichifukuen.info/slowbracediet0142/


置き換えダイエットや糖質制限、ヨガに筋トレなど様々なダイエット方法がありますが、どれも長続きしないという人は多いのではないでしょうか。

特に食べることが大好きという人は食べた分だけ運動で消費したいものですが、毎日運動するには忙しくて時間が取れないという人は多いでしょう。

そこで今回こちらの記事では忙しい人でも気軽に取り組め、気になるウエスト周りの引き締めと代謝を上げて痩せ体質にしてくれるスローブレスダイエットをご紹介します。

あまりに簡単で本当に痩せるの?と心配になりますが、正しいやり方で継続すれば効果を実感できるダイエット法なので、忙しさのせいでダイエットが続かないという人はぜひチャレンジしてみてください!


深呼吸で痩せる!スローブレスダイエットとは?

スローブレスダイエットとはその名の通りゆっくりとした呼吸を行うことでウエスト周りを引き締めるダイエット方法です。

ウエスト周りの引き締めだけでなく、ゆっくり呼吸することで代謝を上げ、脂肪を燃やしやすい体質にするので、ただの部分痩せダイエットとは違って体質改善も期待できます。

また、場所や時間を選ばず、道具も必要ないので誰でも取り入れやすいという点もこのダイエット法のおすすめポイントです。

同じ呼吸でもこんなに違うスローブレスダイエットとロングブレスダイエットの違い

数年前に流行ったダイエット法にロングブレスダイエットというものがあります。こちらも呼吸することで体を引き締め、代謝を上げて痩せやすい体質を作るというものですが、スローブレスダイエットとは違う点も多くあります。

以下では2つのダイエット法の違いを説明します。

スローブレス ロングブレス
息を吸うとき 限界まで息を吸う 限界まで息を吸う
息を吐くとき 10秒ほどかけてゆっくり吐く 7秒かけて勢いよく吐き切る
息を吐き切った後 10秒間お腹を凹ませた状態をキープ 特に呼吸法などに決まりはナシ
タイミング 特に時間やタイミングは特にナシ 朝に行うのが効果的
行う時の姿勢 特に姿勢に決まりはナシ。仰向けで寝転んでいてもOK! 足を前に出し、前後で足が交差するような姿勢

呼吸で痩せるという点は同じですが、ロングブレスダイエットは姿勢や息の吐き方に決まりがあるのが特徴です。一方でスローブレスダイエットはロングブレスダイエットと比べると比較的簡単にできるので、難しいことは苦手、簡単に取り入れたいという人にはぴったりです。

リラックスとダイエットの2つが叶うスローブレスダイエットの効果とは

スローブレスダイエットはただ痩せるというだけではなく、深呼吸によってリラックス効果も得ることができます。以下ではスローブレスダイエットのダイエット効果とリラックス効果の2つについてそれぞれご紹介します。

少しずつでも実感できるスローブレスダイエットのダイエット効果

スローブレスダイエットは食事制限や短期集中の筋トレなどと違って短期間で目に見える結果は得られませんが、体質改善を中心としたコツコツ型のダイエット効果を実感できます。

【ゆっくりとした呼吸でインナーマッスルを鍛える】
お腹周りはインナーマッスルを鍛えることでスッキリさせることができます。詳しいやり方は次の見出しでご説明しますが、スローブレスダイエットは息を吐き切った後に10秒間お腹を凹ませた状態をキープします。

この凹ませるという動作でお腹周りのインナーマッスルを鍛えてスッキリとしたウエストを目指せます。

【ウエスト周りの引き締めだけでなく深い呼吸で脂肪燃焼】
スローブレスダイエットの特徴はゆっくりと息を吐き切ることです。このゆっくりとした呼吸は体内に酸素を取り込んで脂肪を燃やしやすい環境を作ってくれます。しっかりと深呼吸するためにも座っていても背筋を伸ばして猫背にならないように気をつけましょう。
【深呼吸による副交感神経の発達で血行促進】
深呼吸することで副交感神経が働いて体温が上がり、血流が良くなることで代謝が上がり、痩せやすい身体に近づきます。現代人は日々の生活でストレスや緊張感を感じることが多く、交感神経が活発な状態が続きます。

その結果、血流が悪くなり、体を冷やしてしまい痩せにくい身体になってしまいます。そこでスローブレスダイエットのゆっくりとした呼吸を取り入れることで副交感神経を働かせ、交感神経とのバランスをとって痩せやすい環境を作ることで痩せやすいベースを作ってあげます。

疲れた身体に嬉しいスローブレスダイエットのリラックス効果

〇〇ダイエットというと痩せるということだけが目的になりますが、スローブレスダイエットは深呼吸することで副交感神経が働き、リラックス効果も得ることができます。

【肩こりなど身体の不調を緩和する】
深呼吸によって体内に酸素を取り入れることは脂肪燃焼に効果があるだけではなく、緊張して固くなっている筋肉をほぐして血流を促してくれることで肩こりなど体の不調を緩和してくれます。
【深呼吸することで疲れにくい身体に】
深呼吸することで副交感神経が働き、身体の血流が促進されることで老廃物を流れやすくすることから、疲れにくい身体に整えていくことができます。

忙しい人こそやって欲しい!スローブレスダイエットのやり方

スローブレスダイエットは場所や時間帯を問わずできる深呼吸ダイエットなので、忙しくてなかなか運動の時間が取れないという人にぴったりです。やり方はとても簡単なので、休憩時のストレッチも兼ねて取り入れてみてくださいね。

【スローブレスダイエットの基本的なやり方】

  1. 鼻から息を吸えるところまで吸います。
  2. 吸った息を10秒かけてゆっくりと吐き切ります。
  3. 息を全て吐き切ったら、お腹を凹ませた状態を10秒キープします。

1~3の流れを5回1セットとし、1日3セット行います。立っていても座っていても好きな姿勢でできるので、オフィスでも学校など外出先でも休憩時間にできます。さらに、スローブレスダイエットはそのほかの運動と併用するとさらに効果的です。

三日坊主さんも忙しい人もこれで解決!スローブレスダイエットを続けるコツ

やり方だけ見ればスローブレスダイエットは簡単だしできそう!でもダイエットはいつも長続きしないから今回もダメかなと不安に人のために、スローブレスダイエットを続けるための工夫をご紹介します。

決して難しいことはないので、いつも三日坊主という人は参考にしてくださいね!

まずは朝起きがけからスタートしてリズムを作る

スローブレスダイエットの良いところは姿勢が決まっていないということです。朝起きた時、寝転んで状態で1セットしてから起きると決めておくと、スッキリした気分で起きられるだけでなく、楽な姿勢でできたことで「ダイエット=辛い」という意識を変えることで、2セット目も負担なく取り組めるようになります。

1セット目は朝の起きがけに、2セット目は休憩時間、最後の3セット目は寝る前にベッドに寝転がってとすれば面倒さは感じにくくなりますよね。

空き時間を使うことでキッチリやらなきゃ!という意識を変える

5回1セットを1日に3セットこなすスローブレスダイエットは、やるべき時間帯は決まっていません。そのため、「この時間にやらなきゃ」とノルマのように捉えず、1日のうちで時間を取れるときや休憩時間にストレッチをするついでにしようかなという程度に思っていると気楽に続けられます。

リラックス効果もあるスローブレスダイエットで痩せ体質も手に入れる!

忙しくて疲れている時、呼吸が浅いなと感じることがあります。そんなときに限って体がむくみやすかったり、手足が冷たかったり、肌荒れをしていたりと美容と健康にもなんらかの影響が見られます。

今回ご紹介したスローブレスダイエットは体重を減らすことを目的としたものではなく、呼吸によってインナーマッスルを鍛えて代謝を活発にし、脂肪を燃やしやすい体作りを目的としています。

深くゆっくりとした呼吸はダイエット以外にも、血行を良くすることで肌荒れやストレス軽減にも繋がります。スローブレスダイエットは年齢性別問わず、忙しい人でも1日数分の深呼吸をコツコツ続けることで痩せ体質を手に入れられるダイエット方法なので、今日からでもぜひ取り入れてみてくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
痩せ体質の鍵は呼吸!スローブレスダイエットの効果とやり方|【Ichifukuen】
http://ichifukuen.info/slowbracediet0142/
ライター:ChoKo

この記事をシェアする

  • Facebook
    0
  • はてなブックマーク0

関連記事

コメント