• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ストーカーになりやすい女性の特徴とは?自己中心的な人は要注意!

Date:2018.10.05

この記事のタイトルとURLをコピーする
ストーカーになりやすい女性の特徴とは?自己中心的な人は要注意!|Ichifukuen
http://ichifukuen.info/sutokakoui73817/

ストーカーは誰かに付きまとい、恐怖に陥れるような行為をします。最悪の場合には事件に発展し、ニュースなどで耳にしたことがある人もいるでしょう。

嫉妬深く、思い込みが激しくなるとストーキング行為へ発展する場合があります。男性に限らず、女性もストーカーになる可能性を秘めています。

ストーカーになりやすい女性には性格やこれまでの恋愛経験などに、いくつかの特徴があります。

そこで今回はストーカーになりやすい女性の特徴をお伝えするので、当てはまっているものがあれば注意しましょう。あわせて、ストーカーになるのを防ぐためのポイントもご紹介します。

ストーキングしていても、自分がストーカーだと気付かない人もいます。特徴に当てはまる人はストーカーになりやすいと自覚し、事前に予防しておきましょう。


ストーカーになりやすい女性は友達や趣味が少ない

ストーカーになりやすい女性は、人間関係や時間の使い方に共通している特徴があります。

どんな人間関係で、どんな風に過ごしているとストーカーになりやすいのかお伝えしましょう。

趣味が少ない。空いた時間をストーキング行為にあてやすい

ストーカーになりやすい女性は、相手のことを1日中考えてしまいます。

  • 仕事
  • 家事
  • 空き時間

など、何をしている時でも好きな男性のことを考え、気持ちを抑えることができません。

もし趣味があれば、打ち込んでいる間はその趣味のことだけに集中できます。しかし、ストーカーになりやすい女性には趣味が少ないという特徴があります。

ほとんど趣味がないために何もしない時間が多く、気持ちの切り替えも上手くできないため、好きな男性のことばかり考えてしまうのです。

空いた時間を男性について調べたり、妄想したりする時間にあてるうちに、ストーキング行為自体が趣味のようになる人もいます。

友達が少ない。自分の行為が異常でも注意してくれる人がいない

もしストーカーのような行為をしても、身近に友達がいれば注意してくれるはずです。

ところがストーカーになりやすい女性は友達が少ないという特徴があり、注意を受ける機会があまりありません。自分の行為が異常だと指摘してくれる人がいないため、ストーキング行為が悪化する場合もあります。

友達が少なく人間関係が希薄だと、他人に迷惑をかけているという実感がなく、ストーカーだと自覚できない人もいます。

また、友達が少ないと当然ながら、友達と話したり、会って遊んだりする時間も少なくなります。友達と過ごす時間が少なければ好きな男性にたくさんの時間を費やすことができるので、ストーカーになりやすい状態でもあります。

ストーカーになりやすい女性の代表的な特徴。自己中心的に考える

ストーカーにはどのようなイメージがありますか?

  • 執念深い
  • 思い込みが激しい

など様々なイメージがあるかと思います。

ストーカーになりやすい女性にはどのような特徴があるのか、代表的なものに絞ってご紹介します。

妄想が激しい。自分に都合のいい方向へ考える

恋愛中は自分と相手のことをあれこれ妄想し、友達と「こうなったらいいな」などと話すのも楽しいですよね。

妄想するのは決して悪いことではありませんが、妄想が激しい人は要注意です。ストーカーになりやすい女性は妄想が激しく、現実には違うことでも都合のいい方向へ解釈します。

  • 目が合ったのは私のことを好きだから
  • 付き合っていない男性を、彼氏と考えている

このように妄想を膨らませ、何かあれば自分に好都合な方へ考えようとします。

あまりにも度が過ぎると、本当は彼氏ではないのに「この人は私の彼氏」と宣言するなどの行為に及びます。

妄想が膨らむうちに常識では考えられないようなストーキングをし、カウンセリングが必要になる場合もあります。

思い込みが激しく、物事を勝手に決めつける。自分の考えを信じる

ストーカーになりやすい女性は思い込みが激しく、物事を勝手に決めつけるという特徴も挙げられます。

  • 浮気しているに違いない
  • 私が好きなのだから、相手も好きに決まっている

などと考え、自分が考えたことが本当だと思い込みます。

物事を柔軟に捉えることが難しく、自分の感情や考えを信じようとします。たとえ間違った行動をしても「自分は正しい」と思い込んでいるため、ストーキング行為をしても反省しようとしません。

一旦決めつけたことは信じて疑わず、男性に付きまとい、事実を確かめなければ気が済まないという人もいます。

自己中心的で自分の気持ちを優先する。他人の気持ちを考えない

自己中心的な性格も、ストーカーになりやすい女性の特徴です。自分の都合のいい方へと物事を考え、自分の欲求を満たそうとします。

  • 私が好きだから
  • 自分が知りたいから

などのように自分の気持ちを優先し、自分の思い通りに動きます。他人の立場や気持ちを考えようとはせず、自分を中心に物事を考えて行動します。

自分の欲求のためにストーキングを行い、注意されても相手に迷惑をかけているとは思わず、「私の邪魔をしないで」などと思っています。

恋愛は相手を思いやることが大切です。自分さえ良ければいいという考えでは、ストーカーになりやすいだけではなく、恋愛も上手くいかないでしょう。

被害者意識が強い。愚痴や文句が多い人は要注意!

ストーカーになりやすい女性は、被害者意識が強いのも特徴です。

  • 傷付けられたから、相手も傷付ける
  • 自分が受けた苦しみを与える

こういった目的でストーキングを行い、相手を追い込もうとします。

被害者意識が強いのは、振られたり、交際後に別れを告げられたりと、失恋が原因のケースが多いとされています。

ストーカーになっていても「自分は加害者ではなく、被害者だ」という意識が強いため、ストーキングしても当然だと思う人もいます。

下記のようなことが普段多い人は注意が必要です。

  • 友達や家族を責める
  • 職場の愚痴を言う
  • 文句を言って腹を立てる

悪いのは自分ではなく他人や環境と考える人は、被害者意識が強いといえます。

嫉妬心が強い。男性が自分以外の女性と仲良くするのを許さない

ストーカーになりやすい女性は嫉妬心が強く、

  • 好きな相手に女性が近づくのは許さない
  • 彼氏の隣に女友達がいるのは不愉快

などの考えを抱いています。

嫉妬心が強いため、好きな相手が自分以外の女性と仲良くしたり、話したりするのを許しません。相手を見張るようなストーキングをする場合もあります。

元カノや女友達に激しく嫉妬する人は注意してください。嫉妬心から好きな相手を尾行したり監視したりするなどの行為に発展し、ストーカになる可能性があります。

独占欲が強い。自分のことだけを見てほしい

ストーカーになりやすい女性は、独占欲が強いのも大きな特徴です。好きな相手を独占しようとして、

  • 他の女性と遊ぶのは許さない
  • 男性が自分以外の女性と話すと注意してくる

こういった特徴が挙げられます。彼氏へ上記のようなことを言った経験がある人は注意が必要です。

独占欲が強いと、自分のことだけを見てもらうためにストーキング行為へ及ぶ場合があります。過去の恋愛で、好きな男性が他の女性といるのを見て「許せない」と感じたことがある人は要注意です。

自分に自信がない。付き合っていても愛されている自信がない

自分に自信がない人も、ストーカーになりやすい女性の特徴の1つです。

もし彼氏がいても

  • 自分なんかといて嬉しいのかな?
  • 他にいい人が見つかれば浮気するかも

こういった自信のなさから、ストーキングを行うケースがあります。

彼氏から愛されているという自信がなく、ストーキング行為で「愛されている」「付き合っている」という確証を得ようとする人もいます。

相手を監視したり、スマホやSNSをチェックしたりして安心感を得ようとします。女友達と会っていないか、浮気していないかなどを確認します。言い換えれば、彼氏を信用していない状態です。

自分に自信があるとはっきりいえる人も少ないでしょう。しかし、相手の行動を気にすることで自信のなさを埋めようとする人は、ストーカになりやすいので注意が必要です。

話が上手く噛み合わない。自分のことを一方的に話す

ストーカーになりやすい女性は、話が上手く噛み合わないという特徴もあります。

  • 自分の言いたいことばかり話す
  • 相手の話を聞こうとしない

こういった特徴があり、会話が成立しません。

会話でも自己中心的になってしまうため、相手の意見や立場を考えようとはせず、自分のことを一方的に話します。相手の状況を理解しながら話す人なら、ストーカーになるとは考えにくいですよね。

また、ストーカーになると、付き合っていない男性を自分の彼氏だと思い込む人もいます。そのため、「彼氏ではないよね?」と男性本人から聞かれても

  • 照れてるんでしょ?
  • 恥ずかしがってるの?

などと返し、会話が噛み合いません。

ストーカーになりやすい女性の恋愛の特徴。男性に依存し束縛する

恋をすると妄想したり、ヤキモチを焼いたりすることもありますよね。しかし度が過ぎた行為はストーキングに繋がってしまいます。

ストーカーになりやすい女性は恋愛中にどんな考えを持ち、どのような行動をしているのか、その特徴をご紹介します。

束縛する。付き合っていない男性を束縛する人も

ストーカーになりやすい女性は、束縛するのが大きな特徴です。

彼氏を束縛するのはイメージしやすいかもしれません。しかし、ストーカーになりやすい女性は付き合っていない男性も束縛しようとします。

  • 今日は誰とどこで過ごしたの?
  • 連絡したのに、どうしてすぐに返事しないの?

こういった発言で好きな男性を束縛します。

束縛しても相手が自分の思うような行動や発言をしない場合には、ストーキングして相手を追い詰めるような行動に出ます。

例えば、連絡しても男性が返事しないことが多ければ、後を付けて何をして過ごしているのか自分の目で確かめ、返事しない理由を突き止めようとします。

彼氏に依存する。彼氏がいないと落ち着かない

女性の中には、彼氏がいないと落ち着かないという人がいます。

  • 彼氏と別れても、すぐに次の相手を探す
  • 彼氏がいない状態は耐えられない

こういった人もストーカーになりやすいため、注意が必要です。

彼氏に依存するため自立心が低く、別れる時も強く拒否します。別れた後にストーキングし、男性の関心を自分に無理矢理向けようとするケースもあります。

前述したようにストーカーになりやすい女性は趣味がない人が多いため、彼氏に依存しやすく、恋愛依存症ともいえる状態に陥る人もいます。

恋愛で心を埋めようとし、彼氏がいないとどこか不安という人は注意した方が良いでしょう。

相手に不信感を持つ。トラウマから男性を信じられない人も

相手に不信感を持つのもストーカーになりやすい女性の特徴です。

彼氏ができても心から信用せず、

  • 勝手に携帯を見る
  • どこで何をしていたか細かく聞く

などの行動をとります

男性が質問にきちんと答えても心の底からは信じておらず、不信感が募って行動を監視するようになり、ストーキング行為へ発展します。

不信感を持つのは男性に何かされたからではなく、

  • 彼氏のことを信頼していたのに裏切られた
  • 浮気されて元彼と別れた

こういったトラウマがあるために男性を信じられないという人もいます。

元彼と嫌な別れ方をしたり、男性に傷付けられたりといった経験がある人はストーカーになりやすいかもしれません。

恋愛経験が少ない。自分の感情をコントロールできない

ストーカーになりやすい女性の中には、恋愛経験が少ない人もいます。

恋愛の知識や経験が少ないため、

  • こういう時は男性が嫌がる
  • 男性はこういうことが苦手

などが分からず、「相手が迷惑に思うかもしれない」といった考えに至りません。恋愛中の自分の行動をコントロールできず、思うままに突っ走ってしまいます。

「好き」「そばにいたい」など自分の気持ちに従って行動した結果、もしストーキングのような相手に迷惑をかける行為をしていても、自覚がないこともあります。恋愛経験が少ないため、どんなことが男性の迷惑になるのか気付きにくいのです。

好きな相手の情報は全部知りたい。SNSも細かくチェックする

好きな男性や彼氏の情報を知りたいという気持ちは、誰しもあるでしょう。趣味や好きな食べ物など、相手について知れば距離が縮まることもありますよね。

しかし、好きな男性の情報を全部知りたいという人は要注意です。

  • 彼氏のSNSは全てチェックする
  • 好きな男性のスケジュールは全部把握したい

こういった行動は度が過ぎています。

ストーカーになりやすい女性はSNSなども含めた様々な手段を使い、好きな男性の情報を徹底的に調べようとする特徴が挙げられます。

とにかく情報を収集したいために

  • 付き合っていない男性の自宅を探す
  • 彼氏の後を付け、行動は全てチェックする

このようなストーキング行為に及ぶこともあります。

男性がSNSにアップした写真の細かい所までチェックし、

  • 職場の住所や電話番号
  • 男性の隣にいるのは誰か

などの情報まで調べようとするストーカー女性もいるようです。

ストーカーにならないために気を付けること。相手の視点に立つ

ストーカーになりやすい女性の特徴をお伝えしましたが、もし当てはまるものがあれば不安になりますよね。「気付かないうちにストーカーになっていたらどうしよう…」と思う人もいるでしょう。

そこでここからは、ストーカーにならないためにどうすれば良いのか、日頃気を付けたいポイントについてご紹介します。

相手の立場になって物事を考える。自分勝手な行動をしない

ストーカーになりやすい女性は、相手の立場や気持ちを考えようとせず、自己中心的な振る舞いをします。

よって、ストーカーにならないためには日頃から

  • 相手に気を配る
  • 行動する前に、相手のことを考える

こういったことが大切です。

家族や友達はもちろん、好きな男性や彼氏であっても相手の立場になって物事を考えましょう。「好き」という気持ちだけを優先して自分勝手な行動をしないよう、注意してください。

相談相手を作っておく。自分の行動を客観的に判断してくれる

好きな人ができたり、彼氏ができたりすると、周りが見えなくなる女性がいます。「恋は盲目」ともいわれるように、恋愛に夢中になる人は少なくありません。

しかし、恋愛にのめり込むと、非常識な行動をとってしまう場合があります。相手が迷惑に感じる行為を続けると、やがてストーカーになる可能性も否定できません。
自分の行動が

  • 異常ではないか
  • 相手に迷惑をかけていないか

などの判断を客観的にしてくれる友達や相談相手を作っておくことをおすすめします。

ストーカーになってしまうと、自覚がない人が大半です。普段から自分のことを相談できる人がいれば、もし度が過ぎた行動をしても止めてくれるでしょう。

行動を過小評価しない。「これぐらいいいだろう」と考えない

恋愛して周りが見えなくなると、

  • 電話を何度してもなんてことはない
  • 自宅の前を見張るぐらいいいだろう

などと考える人も中にはいます。

「これぐらいいいだろう」と自分の行動を過小評価すると、ストーキングのような行為をしていても気付きません。もし自分にとっては大したことではない行動でも、相手がどう思うのかはまた別の話です。

行動を過小評価せず、「こうしたら相手はどう思うのだろう?」と相手の視点に立って考えるようにしましょう。自分を基準にして行動する人はストーカーになりやすいので、注意が必要です。

恋愛でも仕事でも友達といる時でも、相手の立場になって考える習慣をつけましょう。

自分勝手な行動は控え、相手の立場になって物事を考えよう

ストーカーになりやすい女性は妄想や思い込みが激しく、嫉妬心が強いなどの特徴があります。

相手の立場や気持ちを考えず、自己中心的に物事を考えるのが大きな特徴です。もし男性が迷惑に感じていても気付きにくく、恋愛中に突っ走った行動をとってしまいます。

行動がエスカレートしてストーカーになれば、自分を制御できなくなります。そうなる前に日頃から相手の立場になって物事を考えるようにし、自分の行動を過小評価するのは控えるようにしてください。

当てはまった特徴がある人はストーカーになりやすいためくれぐれも注意し、気付いた点があれば改善しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ストーカーになりやすい女性の特徴とは?自己中心的な人は要注意!|【Ichifukuen】
http://ichifukuen.info/sutokakoui73817/
ライター:さより

この記事をシェアする

  • Facebook
    0
  • はてなブックマーク0

関連記事

コメント